こちらの方がやりやすい

不景気が長期化しているとはいえ、少子化の影響下では子供1人にかける教育費は高くなっていきます。トレーディングカードの1枚すら買うのに難色を示す親でも、塾や習いごとに対しては惜しげもなくお金を使います。街を歩けばいたるところに学習塾を見つけることができる、という現代の様相はこういった傾向にのっとった結果です。

こういう状況ですので塾講師はずっと人員不足の状況だそうです。筆者は学生時代に塾のアルバイトをやったことがありましたが、当時その塾では大勢の前で講師が授業をする「授業形式」が基本でした。現代では「個別指導」をウリにする塾が増えてきているとのことなのですが、これはすなわち生徒と同じ人数の講師が必要だということを意味しています。慢性的な人員不足に悩む業界の様相を容易く想像することができますね。副業を探すのなら、学生時代に頑張って身につけた学習内容を副収入につなげるいい機会ではないでしょうか。

授業形式の学習塾の場合、如何にクオリティの高い授業を行うかが求められますから研修や勉強会が頻繁に行われ、また講師一人で対応する生徒数が多いですから報酬が高めです。筆者の経験では時給換算で2,000円を割った事がありません。しかも夏期講習や冬期講習など季節毎のビッグイベントがあって、まとまった副収入になります。一方個別指導の学習塾の場合、高度に専門的な指導のノウハウや受験のテクニックがそれほど求められず、逆にコミュニケーション能力が求められると言います。講師一人で対応する生徒数が少ないので、報酬は時給換算で概ね1,000円程度になりますが、無理なく続けられる副業としてはこちらの方がやりやすいことでしょう。

「わかった」「できた」の瞬間を生徒と共有出来るのが塾講師の醍醐味です。受験は人生に関わりますから責任の重い仕事ですが、とてもやり甲斐のある仕事です。

Copyright(c) 2014 オススメの副業はコチラ All Rights Reserved.