副業は○それとも×

2014-04-22

不況が続いて、どうしても本業だけでの収入では生活できず、いくつも副業を持っている人がいるかと思います。
「ダブルワーク」なんて聞こえはかっこいいですが、よく勤務先に副業がわかると解雇されると言われます。

しかし、副業自体を禁止する法律は実はありません。
実際問題として副業をしないと生活できない場合は、賃金を下げるのと引き換えに副業を許可している企業も出始めているようです。
副業に関しては企業によって全面禁止・届け出れば可能など実際はいろいろなのです。
よって、一番は自分の勤務先の就業規則を充分に把握することです。

しかし、本業に支障が出るような副業だったらどうでしょうか?
例えば、会社員が別の夜勤の仕事をして寝坊し、会社に遅刻しました。
就業時間外に何をしようとその人の自由ではあります。
が、本業がおろそかになり、ましてその勤務先に迷惑や損害を与えてしまった場合はどうでしょうか?
これはある程度の罰則は仕方ないでしょう。
どんな正当な理由があっても本業に影響が出るようでは本末転倒です。

さらに本業以外に収入源がある場合、特に年間で20万円を超えると確定申告が必要になります。
そのためには経費の管理が重要です。
どこまでは経費として計上できるか、よく確認した方がいいです。

最近、副業で話題なのがFXです。
これは外貨通貨を売買することによって利益を得る方法です。
株に似ているもので、よってリスクを伴います。
資金としておよそ3000円から始められるので初心者でも簡単でしている人も多いです。
リスクは伴いますが、副業の中でも一番稼げるということで多いようです。

次に収入になりしかも手軽なのがネットオークションです。
もちろん、自分のものだけでは品物が尽きてしまいます。
周りの人の代行として始める人もいるでしょう。
落札金額のうちいくらかを手数料のような感じで受け取ります。

Copyright(c) 2014 オススメの副業はコチラ All Rights Reserved.